KUROBE DAM OFFICIAL SITE
黒部ダム www.kurobe-dam.com
HOME > 黒部ダム観光情報 > 黒部ダムの撮影スポット[遊覧船ガルベ]
黒部ダム観光情報
黒部ダムの撮影スポット

黒部ダム旅行の思い出を写真で残そう

黒部ダムは大自然に囲まれた人気の観光地。日本一大きなダムのスケール感や緑の山々、青空に浮かぶ雲には手が届きそう。こんなすばらしい景観や豊かな自然をバックに記念写真を撮って旅の思い出を残そう!
見どころいっぱい、楽しみいっぱいの黒部ダムには素敵な写真が撮れるスポットもいっぱい!このコーナーでは黒部ダムの撮影スポットと撮影のポイントをご紹介します。

SPECIAL CONTENTS!
電気で走る! 日本唯一のトロリーバス
大迫力記念写真 ふぉっとダム
黒部ダムカレー
湖上遊覧船ガルベ
黒部色彩写真館
ライブカメラ
ダム展望台 野外階段 新展望広場 ダムえん堤 遊覧船ガルベ 湖畔遊歩道

撮影スポット:遊覧船ガルベ

標高1,454mの黒部湖でクルーズ体験。天気のいい日は湖畔の風が気持ちいい。デッキからの眺めを旅の思い出にしよう。 黒部湖上を30分かけて周遊する遊覧船ガルベのデッキからは、湖畔の原生林や黒部川源流付近などここからでないと見ることが出来ない大自然の美しい景観が目の前に広がります。素敵なクルーズ体験の思い出を撮りましょう。

ガルベを撮ろう

撮影状況・撮影例

乗り場に停まっているガルベの船体を記念に撮る人も多く、ガルベ乗り場ではすぐ近くから撮れるのでガルベの全体を画面に入れる事ができます。乗り場が混み合っていなければ階段付近から撮るのがおすすめです。この位置からだとコンパクトデジカメや携帯でもエメラルドグリーンの湖面に浮かぶガルベを撮ることができます。

ガルベをバックに記念の一枚

撮影状況・撮影例

ガルベ乗り場が混んでいなければ、クルーズ前に記念写真を撮るのもいいですね。コメントほぼ同じ高さでガルベをバックに撮影出来るポイントです。他のお客さんの乗り降りやガルベの出発時間も考慮して、船長さんに声を掛けて確認してくださいね。

デッキで記念撮影を撮る

撮影状況・撮影例

ガルベにはクルーズしながら風を感じて周囲の景色を楽しんでいただけるデッキがあり、ここから黒部峡谷の山々や湖畔の風景を楽しみながら撮影することができます。デッキは日差しや雨を避けるために屋根が着いているので、内側は影になりがちです。人物の表情を撮りたい場合、周囲で測光してしまうと人物が暗くなりますので、撮影になれていない場合は画面内に人物を大きく入れて、顔を中心にしてピントを合わせるとよいでしょう。

同じ場所で人物を背から撮る

撮影状況・撮影例

同じ場所からの撮影で、周囲の景色や湖面の色を残して印象的な写真を撮る簡単な方法もあります。人物の向きを変えて、湖面や周囲をのぞき込むようにポーズにすると顔がデッキの外にでるので、この状態で人物の顔を中心にしてピントを合わせると、周囲の景観にも露出が合って、湖面や周囲の色を上手く残す事ができ、雰囲気のあるスナップを撮ることができます。画面の半分くらいに人物、もう半分に景色を入れるとバランスのいい構図になります。

光を意識し、外側から人物を撮る

撮影状況・撮影例

人物とカメラの位置、光の向きなどの関係がわかったところで、今度はガルベに人物が乗っているところを外側から撮った写真に挑戦してみましょう。撮影例のように撮影する人が前かがみになって外側から撮影します。この時も人物にピントを合わせますが、ピントが合ったらシャッターを切る前に少しカメラを外側に振り、背景を多く画面に入れると、開放感のある画になります。人物の立ち位置を左右で変えてみると、日差しの違いで明るさも変わります。

いろんな景色をみんなで撮ろう

撮影状況・撮影例

ガルベは一周30分の所要時間なので、限られた時間の中で、デジカメや携帯でどんどん写真を撮って楽しみましょう。人物ばかりでなく、進路と共に変化する湖畔の雰囲気や黒部峡谷の雄大な景色を撮ってみましょう。カメラの設定やカメラの種類によっても撮れる写真は様々です。思い思いにシャッターを切って、旅の思い出に残る素敵な写真を撮ってみてください。撮ったその場で確認出来るのもデジカメならではの楽しさですね。

撮影状況・撮影例