KUROBE DAM OFFICIAL SITE
黒部ダム www.kurobe-dam.com

とっておき写真館

標高1,470mの黒部ダムから、標高3,015mの立山まで、立山黒部アルペンルートはその季節と高低差でさまざまに表情を変化させます。
大自然やダムが織り成すとっておきの風景をお楽しみください。

とっておきの春

4月。大観峰から見下ろす黒部ダムはまだまだ雪に包まれています。
長野県・富山県の県鳥でもある雷鳥。白い冬毛が夏に向けて茶色に変わっていきます。
5月。麓の新緑の向こうに、まだ雪の多く残る立山連邦を望みます。
春の陽光に誘われて、山肌の雪もゆっくりと融け始めます。
黒部平展望台からの眺め。
3月。まだお客さまは入ることはできません。静寂に包まれた美しい勇姿の黒部ダム。
雪の壁が20m近くにもなる、春の立山黒部アルペンルートの魅力「雪の大谷」。
雪に閉ざされたなかから温泉が湧く、弥陀ヶ原・地獄谷。

とっておきの夏

ダム左岸ウイングからの眺め。緑と放水のコントラストが最も美しい季節です。
湖畔遊歩道を歩き、緑色に輝く湖面とダムえん堤を眺めます。
遊歩道をさらに進むと出会える巨木「クロベ」。樹齢は800〜1000年にも。
日本で最も高い場所を運航する遊覧船「ガルベ」。
ダム河床からえん堤を仰ぐ。放水の水しぶきが心地いい黒部の夏です。
放水にかかる虹を狙うなら、晴れた日の午前中がおすすめ。
黒部平と大観峰を結ぶ立山ロープウェイ。山肌を間近に眺めながら昇っていきます。
3,000m級の山々が連なる立山の山裾で、高山植物は短い夏をいっせいに謳歌します。

とっておきの秋

黒部平からの景色。真っ赤に染まった木々が紅葉のアクセントに。
アルペンルートを上に上に進むと、間近で山の表情が確認できます。黒部平展望台にて。
10月。大観峰から黒部湖を望む。足元の山肌は秋の絨毯のようです。
色とりどりに染まった木々を背景に進む黒部湖遊覧船ガルベ。
湖面そばの緑、山肌の黄や赤、そして立山山頂に白い雪がつき始める「三段紅葉」。
黒部湖遊歩道の入り口にあるカンパ谷の吊り橋
秋の遊歩道は鮮やかな色彩と木々の香りに包まれる至福のひとときです。
室堂から立山を望む。雪で閉ざされる季節を前に、山は最後の彩りを放ちます。
黒部ダム観光のモデルコースを
チェック!旅行計画の参考にしよう。
電気で走る! 日本唯一のトロリーバス 大迫力記念写真 ふぉっとダム 黒部ダムカレー 湖城遊覧船ガルベ ライブカメラ