KUROBE DAM OFFICIAL SITE
黒部ダム www.kurobe-dam.com
HOME > 黒部ダムトラベルガイド > 2泊3日安曇野浪漫コース
黒部ダムトラベルガイド
観光スタイルに合わせた、黒部ダムと安曇野のおすすめモデルコースをご紹介。
…… 日帰りで黒部ダムと名所を満喫!
…… 黒部ダムでしか見られない三段紅葉を満喫!
…… 大人も子供も大はしゃぎ!
…… 白馬・大町・安曇野をまるごと満喫!
…… 安曇野の自然に浸る大人旅。
…… 安曇野の歴史文化を感じる旅。
2泊3日安曇野浪漫コース PDF版
穂高神社の参拝や、日本の名街道に選ばれた塩の道ウォーキングを体験、この地に残る歴史遺産を巡る。大町温泉郷や葛温泉では、里山ならではの素朴さのなかのおもてなしに出会う旅です。
SPECIAL CONTENTS!
電気で走る! 日本唯一のトロリーバス
大迫力記念写真 ふぉっとダム
黒部ダムカレー
湖上遊覧船ガルベ
黒部色彩写真館
ライブカメラ
- モデルコース -
  1. 11:00

    大王わさび農場
    (昼食)

  2. 13:10

    穂高神社

  3. 15:00

    塩の道ちょうじや見学&
    大町市街散策、湧き水めぐり

    (詳細は前述)

  4. 17:15

    くろよんロイヤルホテル泊
    /大町温泉郷

  1. 8:30

    出発

  2. 9:00

    塩の道
    ウォーキング

  3. 12:30

    仁科三湖めぐり
    (昼食)

  4. 15:30

    松崎和紙

  5. 17:30

    葛温泉泊

  1. 8:00

    出発

  2. 9:00

    黒部ダム
    (ふぉっとダム記念写真、
    遊覧船、散策等)

  3. 12:00

    黒部ダムカレー
    (昼食)

  4. 13:40

    大町の人気スポットをめぐり、
    帰路

1日目。ご自宅または宿泊先を出発
(1)AM11:00 大王わさび農場(昼食) [所要時間:約2時間]

日本一の広さ約15万haの敷地内には、名水百選に選ばれた「安曇野わさび田湧水群」が湧いています。そんなおいしい水でわさびを育む田は農場内に美しい曲線を描き、どこまでも続くような景色が広がり圧巻。田の上は遊歩道が整備されていて、わさび作りを見ながら散策も楽しめます。存分に景色を眺めた後は、お昼ご飯に園内のレストランやそば処でわさびを使ったオリジナル料理をどうぞ。スイーツやおみやげも充実しています。

農場内を流れる蓼川を川底がのぞけるクリアボートで下り、春の風を体感しては。水にゆらめく水草や川魚、黒澤明監督作品『夢』のロケ地となった水車などが楽しめます。


大王わさび農場
住所〒399-8303
長野県安曇野市穂高3640
連絡先TEL:0263-82-2118
FAX:0263-82-6930
URL http://www.daiowasabi.co.jp/
営業期間・営業日 【3月〜10月】 9:00〜17:20
【11月〜2月】 9:00〜16:30
※営業時間が季節により変更します。ご注意下さい。
休日:休業期間無休
料金 無料
備考 駐車場無料(大型:25台 普通車:約350台)
クリアボート
連絡先 TEL:0263-87-9828(安曇野汽船)
URL http://www.azuminokisen.com/
営業期間 4月下旬〜10月31日
営業時間 10:00(一般受付&開始時間)〜14:00
料金 安曇野コース(約15分)
 12歳以上…¥1,000 6〜11歳…¥900 5歳以下…¥100
備考 11歳以下は、一般料金にて12歳以上の保護者同乗が条件となります。
保護者1名につき11歳以下1名様まで。5歳以下も保護者1名に対して1名様まで。
予約バスにより乗船時間とボートの前後があります。
5歳以下には、安全の為パドルの貸し出しはありません。
赤ちゃんの乗船には抱っこ紐が必須です。
ペットの乗船は不可。
雨天強風は中止。
受付後も天候により中止あり。
移動時間:約10分
(2)PM13:10 穂高神社 [所要時間:約1時間10分]

安曇族の始祖を祀り、古くから信濃の大社として名高い穂高神社。こちらでは、毎年9月27日に行われる例大祭「御船神事(別名「御船祭り」)」に加え、20年に一度、大御遷宮祭(穂高大神様に作り替えられた御本殿へお遷りいただく神事)が行われます。その奉祝行事として境内の舞台に穂高人形飾り物も奉納。併設の御船会館では、例大祭のお船や長野県無形文化財指定の伝統人形飾物が年中無休で公開されています。

住所〒399-8303
長野県安曇野市穂高6079
連絡先 TEL:0263-82-2003(穂高神社 社務所)
TEL:0263-95-2430(奥宮)
URL http://www.hotakajinja.com/
移動時間:約40分
(2)PM15:00 塩の道ちょうじや見学&大町市街散策、湧き水めぐり [所要時間:約2時間]
塩の道ちょうじや見学

糸魚川から松本までの約.kmに及ぶ「塩の道・千国街道」。その中間地点にある大町市は、主要な中継地であり付近で育てられる麻などの物資の集散地でもありました。博物館ではそうした塩の道の歴史や暮らし、文化を実際に使われていた運搬道具や旅装、沿線住民の生活道具を展示して紹介しています。主展示場に使われているのはこの地で代々塩問屋を営んでいた平林家の母屋。囲炉裏や帳場、蔵などの居室などの空間も見ものです。

住所〒398-0002
長野県大町市大町八日町2572
連絡先TEL:0261-22-4018
URL http://www.alps.or.jp/choujiya/
開館期間 5月〜10月 9時〜17時(最終入館16時30分まで)
11月〜4月 9時〜16時30分(最終入館16時まで)
休日・休業日 5月〜10月毎月第3・4水曜日 11月〜4月の毎週水曜日と年末年始
料金 大人500円 小中学生250円 未就児学無料



大町湧き水めぐり

男清水女清水北アルプスの麓にある大町は、市内の水道水に北アルプスの水系を利用しており、おいしい水が常に家庭で飲めるという贅沢な場所。その味は、大町市にある3つのお酒の蔵元までもが利用しているほどでお墨付きです。市では水でまちづくりを行う「大町水物語の会」を発足。同会が広めた民話「水物語」で紹介する水場8ケ所では、北アルプス白沢水系と里山の居谷里を水源とする水が飲めます。水筒持参で味比べに出かけてみませんか。

大町には二つの湧き水があります。ひとつはアルプス白沢から湧く水で、男の子が多く生まれたことから「男清水」、もうひとつは居谷里池の湧き水で、女の子が多く生まれたことから「女清水」と呼ばれました。この二つの水は、今も大町市商店街の西側「わちがい」前で「男清水」、東側「塩入家具」前で「女清水」を飲むことができます。二つの水を合わせた水は縁結びの水、夫婦円満の水とも呼ばれ、訪れる人も多い人気スポットです。


いーずら大町特産館
住所 〒398-0002
長野県大町市大町3300-1
連絡先 TEL:0261-23-7511
URL http://www.alps.or.jp/iizura/
大町水物語りの会 事務局
住所 〒398-0002
長野県大町市上仲町 創舎 わちがい内 「大町水物語りの会 事務局」
連絡先 TEL&FAX:0261-23-7363(創舎 わちがい内)
URL http://www.wachigai.com/food/
jizake_meguri.html(わちがい)
備考 [金蘭黒部][男清水・女清水]
(株)市野屋商店
〒398-0002 長野県大町市大町2527-イ
TEL:0261-22-0010

[白馬錦][氷筍水仕込み]
(株)薄井商店
〒398-0002 長野県大町市大町2512-1
TEL:0261-22-0007

[北安大國][いいずら]
北安醸造(株)
〒398-0002 長野県大町市大町2340-1
TEL:0261-22-0214
移動時間:約15分
(4)くろよんロイヤルホテル/大町温泉郷
くろよんロイヤルホテル

大町市日向山高原に建つ、緑と澄んだ空気が包むリゾートホテル。部屋の窓からは、高原に繁るカラマツなどの新緑の色と空気が思い切り堪能でき、朝夕と関わらず贅沢な気分が味わえます。また、敷地内には花々を楽しめる散歩道もあり、広いホテル内を散歩しながら気軽に身近に春を楽しむこともできるので散策もお勧めです。源泉を持つホテルなので、露天風呂や大浴場などSPA施設で源泉かけ流しの湯を存分に味わえます。

住所〒398-0001 
長野県大町市日向山高原
連絡先フリーダイヤル:0120-081530 TEL:0261-22-1530
URL http://www.kuroyon-royal.jp/
営業期間・営業日通年
予約有無要予約
受付・担当お電話かホームページにて宿泊予約受付。
料金  岩盤浴:820円
 岩盤浴とプール:1,340円
(宿泊者料金の設定有・冬期休業)
大町温泉郷

自然と文化に包まれた大町温泉郷。白樺やナラ、ブナなどの林に包まれた一角の中に、大小15の温泉宿があります。温泉郷の中心を走る道沿いにはもみじや桜の木が並んで立ち、春は桜の花が華やかに訪れる人を迎えてくれます。周囲には風情ある古民家が並ぶ田園風景や神社、縄文遺跡、自然園などが点在し、散策にもぴったり。時にはニホンザルやシカなどの生き物に出会える自然豊かな場所です。朝のお散歩にいかがでしょうか。

住所〒398-0001
長野県大町市平大町温泉郷
連絡先TEL:0261-22-3038(大町温泉郷観光協会)
URL http://www.omachionsen.jp/
備考/
宿泊予約
・大町市観光協会
TEL:0261-22-0190
http://www.kanko-omachi.gr.jp/
・大町市旅館業組合
TEL:0261−23−4111
http://www.omachiyado.com/
▲ページトップ
2日目。8:30 宿泊施設出発
(5)〜10:30 塩の道ウォーキング

仁科三湖の西岸を通る千国街道は山国信州と海を結ぶ唯一の交通路。日本海の塩や海産物と内陸部の麻や木綿などを、夏は牛が冬は人が背負って運んだことから、「塩の道」とも呼ばれました。現在、佐野坂を経て青木湖畔へとのびるルートは「塩の道散策コース」(所要時間約4時間)というハイキングコースとして親しまれています。道沿い並ぶ佐野坂西国三十三番観音像など昔の面影残す景色を眺めながら、春のお散歩に出かけてみませんか。

移動時間:約30分
(6)午前中 仁科三湖

大町から白馬へと続く国道148号線を車で走っていくと、車窓に見えてくるのが北アルプス唯一の天然湖、木崎湖・中綱湖・青木湖、総称「仁科三湖」です。温泉宿が多い木崎湖、釣りの名所の中綱湖、透明度の高い青木湖は、いずれも北欧を訪れたかのような荘厳さ。穏やかな湖面は、北アルプス名峰群が織りなす四季の景色を鏡のごとく映し出します。春には、若葉茂る木々の中、山桜の淡い色が湖面に映し出され、風情ゆたかな場所です。

住所 〒398-0001
長野県大町市平
連絡先TEL:0261-22-0190(大町市観光局)
URL http://www.kanko-omachi.gr.jp/lakes/(大町市観光公式サイト)
移動時間:約30分
(7)PM15:30 松崎和紙 [所要時間:約1時間30分]

高瀬川の良質な水と豊富な原料を使い、千年以上の歴史ある紙すき技術で作られてきた信州松崎和紙。信州松崎和紙工房では昔ながらの工法で和紙が作られています。こちらでは、山から採って来た紅葉やけやきの葉を独自の特殊処理で色をつけ和紙にすき込むという丹念な工程で便箋や封筒、箱などさまざまな和紙商品が作られ販売されています。また、手すき体験や和紙制作の見学も可能。旅の思い出を紙に閉じ込めてみてはいかがでしょう。

住所〒398-0003
長野県大町市社6561
連絡先TEL:0261-22-0579
URL http://www.shinshu-matsusakiwashi.com/
休日・休業期間 無休
予約 要予約(2〜3日前までに)
料金 紙すき体験 入門コース1,000円
移動時間:約30分
(8)PM17:30 葛温泉

大町ダムを過ぎ高瀬トンネルを抜けるとある、隠れた湯治場の面影を残す温泉。葛温泉という名は、凶作に困った里人が葛の根を探しに山に入った際見つけたことからつけられたとか。現在3軒の温泉宿があり、日帰り入浴も楽しめます。泉質は単純硫黄泉で、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病などに効能あり。新緑を眺めながらの露天風呂は風情たっぷりで、秋は赤に染まる紅葉が春は青々とした緑色一色となり、清々しい気持ちにさせてくれます。

葛温泉「仙人閣」
住所〒398-0001
長野県大町市平2118
連絡先TEL:0261-22-3211
葛温泉「高瀬館」
住所〒398-0001
長野県大町市平2118-13
連絡先TEL:0261-22-1446
URL http://www.takasekan.com/
葛温泉「温宿 かじか」
住所〒398-0001
長野県大町市平2106
連絡先TEL:0261-22-1311
URL http://www.onjuku-kajika.jp/
▲ページトップ
3日目。8:00 宿泊先を出発
(4)AM8:46 黒部ダム[所要時間:約2時間15分]

扇沢駅からは、電気で走るトロリーバスに乗って黒部ダムに到着。夏なのにひんやりとして気持ちいい!お姉ちゃんのお気に入りは涼しくて気持ちよかった遊覧船「ガルベ」。新展望広場にあるレインボーテラスから観る迫力の放水の眺めにお父さんも大感動!その他にもダムを上流側から見られる遊歩道を楽しんだり、大迫力記念写真システム「ふぉっとダム」でとびっきりの思い出を残そう。

連絡先TEL:0261-22-0804
(くろよん総合予約センター)
営業期間4月15日〜11月30日
移動時間:約16分〜45分
(10)PM12:00 黒部ダムカレー(昼食) [所要時間:約1時間30分]

黒部ダムカレーを食べよう! ダムはご飯、黒部湖はルーの点は共通で他は自由に表現されています。好きな味を探してみてください。

黒部ダム内にあるダムレストハウスでは「黒部ダムレストハウス」と「扇沢レストハウス」の2種類のカレーを味わう事ができます。

  • 【黒部ダムレストハウス】
  • にんにくやココナッツミルクを使い、黒部湖の色をほうれん草のピューレで表現したエスニックカレー。ポテトサラダで放水、キャベツで水しぶきと細かく表現。

  • 【扇沢レストハウス】
  • ご飯のえん堤とどこか懐かしい味の手作りビーフカレーの黒部湖というシンプルさ。カツがのった特別バージョンもあり。サラダ付き。

  • 【くろよんロイヤルホテル】
  • 扇沢駅から車で15分。くろよんロイヤルホテル内のレストランりんどうが作るカレーは、リーガロイヤルグループ伝統のカレーソースに信州りんごジュースと杏ジャムを加えたもの。大町産紫米、大町菜の花卵とこだわり素材もふんだんに使用。

    大町市周辺の飲食店でも多数ダムカレーを取り扱ってるお店があります。
  • 【薬師の湯】
  • ビーフカレーに、黒部ダムの遊覧船ガルベに見立てた温泉タマゴで、さらにまろやかな味わいが楽しめます。

  • 【豚のさんぽ】
  • ラーメン用スープと醤油が隠し味の豚ミンチカレー。3種類のほぐし肉でガルベを表現。

  • 【ビストロ傳刀】
  • だしのスープやルーから丁寧に作り上げられたまろやかさとコクのあるカレー。 ルーの上のトッピングが ガルベをイメージしたハンバーグか、流木をイメージしたエビフライの2種類からどちらかを選べるようになっています。

  • 【三洛】
  • 大北産100%のコシヒカリは300gとボリューム満点。お袋の味を思わせるルーもたっぷり。目玉焼きは黒部の太陽をイメージ。

  • 【カイザー】
  • スパイシーな黒カレーと、珍しい鹿肉100%の鹿メンチカツをガルベに見立て、堰堤のご飯は通常の1.5倍(約1.5合)とボリューム満点。



    移動
    PM13:40 大町の人気スポットをめぐった後、帰路
    ▲ページトップ
    他のモデルコースもチェック!
    旅行計画の参考にしよう。
    周辺情報関連リンク
    黒部ダムトラベルガイドへ
    大町温泉郷へ 大王わさび農場へ 四季演劇資料館
    カテゴリ別みどころ一覧
    見る 味わう 遊ぶ
    温泉 自然 おみやげ