KUROBE DAM OFFICIAL SITE
黒部ダム www.kurobe-dam.com
HOME > 黒部ダム観光情報 > 黒部ダムを見る楽しむ(10.慰霊碑)
黒部ダム観光情報
  • 扇沢駅
  • 関電トンネルトロリーバス
  • 黒部ダム駅
  • ダム展望台
  • 野外階段
  • 放水観覧ステージ
  • 新展望広場
  • ダムレストハウス
  • くろよん記念室
  • 慰霊碑
  • ダムえん堤
  • 湖畔遊歩道
  • 遊覧船ガルベ
SPECIAL CONTENTS!
電気で走る! 日本唯一のトロリーバス
大迫力記念写真 ふぉっとダム
黒部ダムカレー
湖上遊覧船ガルベ
黒部色彩写真館
ライブカメラ
9.慰霊碑
慰霊碑写真
戦後の深刻な電力不足に挑んだ黒部ダム建設。最も急がれた工事が、大町トンネル(現在の関電トンネル)の開通でした。北アルプスの黒部川上流のこの地に資材運搬のために掘ることになり、厳冬中も休まず掘り続けられ、工事は順調に進んでいました。
ところが昭和32年5月、入り口から2,600mの地点で毎秒660リットルもの地下水と大量の土砂が吹き出しました。大破砕帯に遭遇したのです。掘り進められず工事は中断。一時は開通が絶望視されましたが、当時の最新技術と土木工学の英知を結集し、苦闘の末に7ヶ月の期間を要し、ついに破砕帯を突破したのです。その模様は小説や石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」に描かれ、現在に伝えられています。
ダムえん堤東側の一角には世紀の大工事と言われる黒部ダム建設の殉職者慰霊碑が建設され、犠牲となった殉職者171名の名前が刻まれています。
黒部ダム撮影スポット 黒部ダム散策コース