SIGHTSEEING
関電トンネル


長さ80mの破砕帯。
※車内からの観光となり、破砕帯で下車することはできません

扇沢駅と黒部ダム駅を結ぶ関電トンネル。
平均10度、最大13度の急勾配の関電トンネル内は夏でも気温は10度前後。苦闘の末に突破した破砕帯は青い看板や照明で示しているとともに、現在も流れでる破砕帯の水もご覧いただけます。

摂氏4度という冷たい地下水と土砂が毎秒660リットルも噴き出した破砕帯。くろよん建設最大の難所でした。

破砕帯突破に向けて、トンネル工法の権威者の知識と経験を集結し、7ヶ月にわたる苦闘の末、昭和32年12月ついに破砕帯を突破しました。

くろよん建設ヒストリーはこちら

関電トンネル電気バス

扇沢駅・黒部ダム駅間を結ぶ電気バス。CO2を排出しない環境に優しいバスです。

所要時間 片道約16分
料金 大人 1,570円(往復 2,610円)
小人  790円(往復 1,310円)